金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)

ke-su1
ke-su

※ケースは別売りです
ご購入はこちらから

■金剛夜叉明王(国宝/839年/像高約174.4cm)

■不空成就如来の化身として、一切の悪衆生と三世(過去・現在・未来)の様々な欲望・悪を金剛杵で打ち砕くとされている。「金剛杵をもつ夜叉」という意からこの名がついている。

■三面(顔が3つ)六臂(腕が6本)で、最大の特徴は、中央の顔に5つの目(通常の目の位置に、上下2つずつ、眉間に一つ)があること。下の二眼は嘘を見抜く目とされ、五眼像は明王像としては金剛夜叉明王に限られる。中央の手に金剛杵を持ち、ほかに五鈷杵、金剛鈴、弓・箭(矢)、宝剣と宝輪を持ち、ふたつ蓮華座に跨るように立っている。