軍荼利夜叉明王(ぐんだりやしゃみょうおう)

ke-su1
ke-su

※ケースは別売りです
ご購入はこちらから

■軍荼利夜叉明王(国宝/839年/像高 約184.7cm)

■大咲明王、軍荼利、甘露軍荼利と呼ばれる場合もある。

■最大の特徴は身体の各部に蛇が巻き付いていること。

■宝生如来の化身として、目に見えない外敵・煩悩や障害を除くとされる。「甘露をいれる壺」という意味もあることから、不治の妙薬の甘露の信仰にも結びついている。

■一面三目八臂(うでが8本)で 真手は胸前で交差する大瞋印 (だいしんいん、または跋折羅印 (ばさらいん)とも呼ばれる)を 結び、蓮華で両足を受けている。 右手は三鈷・拳印・施無畏印を 左手には金剛杵・戟・金剛鉤を 持っている。