多聞天(たもんてん)

ke-su1
ke-su

※ケースは別売りです
ご購入はこちらから

■多聞天(国宝/839年/像高約164.7cm)

■元来は古代インド神話に於ける方位の守護神を起源として
いる四天王のうち、北方の守護神ビャイシュラバァナ。四天王は釈迦の説法に感銘し佛教に帰依、釈迦入滅後の法の守護を託されたと言われている。

■財宝・蓄財の神として広く独尊信仰されている。七福神の一人としても信仰を集め、毘沙門天の名でのほうが広く知れ渡っている。

■右手を高く上げて宝塔を持ち、左手で金剛棒を持つ立像だが、他の天王像が邪気を踏みつけているのに対し、この像では地天が両腕で多聞天を捧げ、尼藍婆(にらんば)、毘藍婆(びらんば)という邪鬼を従えている。